オリジナルうちわを作れば企業のアピールができる

企業イメージを高める広告

広告

信頼性高いメディアを利用

広告には掲載メディアや表現手段によって多くの種類が見られますが、中でも新聞や雑誌に掲載される意見広告は本来の目的が異なります。意見広告は広告と言っても商業目的ではなく、政治団体から個人に至るまでの広告主が何らかの意見や主張を表明する場となっているのです。同様の意見や主張はインターネットで発信することも可能ですが、信頼性の高い新聞や雑誌に広告の形で掲載することによってアピール度が高くなります。そのような意見広告を企業が自社のイメージ向上のために利用する例が最近になって増えてきました。新聞や雑誌への意見広告掲載が企業にとってプラスに作用する理由は、通常の商業利用を目的とする広告と比べて読者が真摯な姿勢で読んでくれる点にあります。環境や社会問題に対する企業の姿勢が単なる宣伝目的の広告としてではなく、新聞や雑誌に掲載される記事と同等に読まれるというのは大きなメリットです。インターネットのみを情報源としている層と比べて新聞や雑誌の読者層はそうした問題への関心が高く、意見広告を掲載した企業は社会的信頼性が向上しています。企業イメージをアップさせるための手法として、印象的なデザインの写真や画像・キャッチコピーを大々的に掲げるような全面広告もよく使われています。一見奇抜なデザインや意表を突いたコピーなどが企業イメージの向上に役立つ場合もありますが、それらが新聞や雑誌の読者層すべてに等しくアピールできるとは限りません。その点で意見広告は先進的取り組みや企業の姿勢をストレートに表現する形式のため、一般的関心度の高い問題への意見ほど読者層に強くアピールできます。意見広告を掲載する際には予算や要望などの打ち合わせに基いて取材・撮影が行われ、原稿制作の後に校正・審査を経て掲載媒体に送稿されます。特別な専門知識がなくても企業イメージを高める意見広告の制作は可能で、掲載料を上回る効果が得られるのです。